2019.09.06ふなばし三番瀬海浜公園の鳥たち

ふたたびふなばし三番瀬海浜公園を訪れました。今日も暑く、平日なので小さな子供をつれたお母さんが何人かいる程度で閑散としていました。しかし、浜辺には鳥をとるカメラマンが20名ほど撮影していました。シギは識別が難しく、一応名前を調べて記載しましたが、間違っていましたら教えてください。 アジサシ アジサシ アジサシ ダイゼ…
コメント:0

続きを読むread more

2019.09.01岩本山公園、清水森林公園の鳥、植物

実家に行く途中、岩本山公園(富士市)、清水森林公園(清水市)に寄ってみました。岩本山公園は富士山の撮影場所として有名ですが、暑く湿度が高かったので、もやっていてよく見えませんでした。 コサメビタキ or サメビタキ(岩本山公園):胸の様子がみえにくいので判断がつかなかったが、たぶんサメビタキではないかと思われる。 コサ…
コメント:0

続きを読むread more

2019.08.24葛西臨海公園の鳥、植物、昆虫など

カワセミ: カワセミ: カワセミ:魚を丸のみした後の満足げな表情。 カワセミ: カワセミ: カワセミ: カワセミ: ホシゴイ:ゴイサギの幼鳥 コチドリ: キアシシギ: アオアシシギ: シジュウカラ: テッポウユリ: パンパスグラス: ムベの果実: …
コメント:0

続きを読むread more

2019.08.22ふなばし三番瀬海浜公園の鳥たち

思い立って、ふなばし三番瀬海浜公園にでかけました。 ウミネコ:ウミネコはサハリン、朝鮮、中国など日本近海のみ生息するカモメ。先端から赤ー黒ー黄の嘴。もこれだけで十分ウミネコと判る。関東以南で夏に見られるカモメの99%がウミネコ。残りの1%はオオグロカモメと思われる。冬羽と夏羽の変化は小さく、冬羽では頭部にうっすら斑がでたり、足や嘴…
コメント:0

続きを読むread more

2019.08.19葛西臨海公園の鳥・花など

まだまだ厳しい暑さが続いているものの、太平洋高気圧が南下し猛暑が少し和らぎました。サギの大きな群れがここ数日みられますが、少し涼しげにもみえます。 シラサギたち ダイサギ コサギ コサギ カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ カワセミ ウミネコ ウミ…
コメント:0

続きを読むread more

2019.08.07-09 奥日光(戦場ヶ原・湯の湖・千手が浜・小田代原)の鳥・花など

ノリウツギ:山地から高山までの広い範囲に生える落葉低木。湿地から乾燥したところにまで適応している。葉は対生または3枚輪生する。円錐形の花序多数をつける。内側には完全花、外側にはがく片が花弁状になった白い装飾花をつける。これが乾燥して、ドライフラワーのようになって残る。名は、昔この内皮に含まれる粘液質を製紙用の糊に使用したため(日光の花3…
コメント:0

続きを読むread more

2019.08.-4葛西臨海公園の鳥(ヨシゴイなど)

ヨシゴイ:日本に生息または飛来してくるサギの仲間では、最も小さい野鳥。名前の通り、多くはヨシ(アシ)の原に、時としてマコモやガマ類の繁茂する場所に生育する。明るい茶色系の地味なサギ。(C.E.C徒然野鳥期) ヨシゴイ:日本には、アシが生い茂る春遅く、ちょうど梅雨の始まる前に東南アジアからやってきて、夏に繁殖し、秋10月頃に戻って行…
コメント:0

続きを読むread more

2019.7.30葛西臨海公園の鳥、花たち

コムクドリ♂:夏鳥として本州中部以北に飛来し、平地から山地の明るい林に暮らす。日本とサハリン南部、千島列島南部でのみ繁殖し、冬は東南アジアに戻っていく(身近な鳥のふしぎ)。 コムクドリ♀♂♂:さえずりは「ビビ キュルキュル」「ビキュル ビー キュルキュル」ほか。地鳴きは「キュル」など。 コムクドリ♂:樹上が生活の中心のよ…
コメント:0

続きを読むread more