2019.09.17水元公園の鳥、植物たち

01○DSC09478.JPGツツドリ:ツツドリは、ホトトギス目ホトトギス科に分類される鳥類の1種。東南アジアからシベリアにかけて分布する渡り鳥。カッコウやホトトギスに近縁で、同様に托卵の習性をもつ(ウキペディア)。駐車場に戻る途中、なにか成果がありましたかと聞かれて、「ツミ」が近くにいますと教えてしまいました。お礼を言われましたが、常連の方だと思われ間違っていることは気が付いていたのだと思います。恥ずかしい。


02○DSC09560.JPGツツドリ


03○DSC09453.JPGツツドリ


04○DSC09218.JPGエゾビタキ?:胸の模様から見てたぶんエゾビタキか。サメビタキではないと思われる。


05○DSC09232.JPGエゾビタキ?


06○DSC09272.JPGセンダイムシクイ OR エゾムシクイ?:


07○DSC09319.JPGコゲラ


08○DSC09371.JPGコゲラ


09○DSC09414.JPGコゲラ:


10○DSC09306.JPGミスジチョウ:表面がみえないので?


11○DSC09198.JPGラクショウ:普通の土地で育つが、水湿地に植えると杭のような呼吸根を地上に林立させる。呼吸根は新宿御苑で見られる。


12○DSC09207.JPGヨシ:イネ科。世界各地の亜寒帯から湿地に分布している。日本でも北海道から沖縄の河川やため池、湿原に群生している抽水~湿生の草本。和名は、昔、アシの名は「悪し」に通じるので、反対語の名になったと言われている。このヨシに代表される抽水植物のヨシ帯の水辺を構成する大事な植生で、魚類、水生昆虫、水鳥の産卵、生息場所としての役割は大きく、水質浄清の働きもあって、近年はヨシ帯の復元が図られている。静岡県の浜名湖当たりは、端午の節句にこの葉でちまきがつくられ、蒸すと香ばしい味がする。また、茎は太く丈夫なのでヨシズとして利用される。



























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント